歴史的な背景

地歌舞伎の歴史的な背景についてご紹介します。

江戸幕府の取り締まりを受けた芝居

そもそも歌舞伎という言葉は「かぶきもの」という、派手で奇抜な装束や行動を好む者を指す言葉が由来です。豪華絢爛な美しい衣装に迫力のある化粧、そして情念あふれるお芝居を、当時のお上である江戸幕府は、良俗秩序を乱すものとして規制し、長期に及ぶ公演を禁止しました。

そこで、役者たちは食いつなぐため、街道沿いの温泉町などで芝居を行いました。芝居を見物した地元の農民が真似をしたことが地歌舞伎の始まりです。日常的に地歌舞伎を行うことは幕府の取り締まりによりできなかったため、人々が考えたのが祭礼で奉納するという名目でした。

日常では農業に勤しむ人々の、ハレの日にかける情熱は相当なものだったでしょう。