女性も演じる地歌舞伎

「女形」とは女役を指す言葉です。歌舞伎では男役と女役両方とも男性が演じます。これは歌舞伎が発生した江戸時代の歴史的背景に根ざしており、江戸幕府は風紀を乱すという理由で女性が舞台に上がることを禁じていたのです。一方、地歌舞伎では女性が舞台に上がることができたので女性が女役を演じたり、男役を女性が、女性が男役を演じることさえありました。

歌舞伎の元祖は女性?

実は歌舞伎の元祖は「お国」という女性の「かぶき踊」が始まりだと言われています。時の政治による影響で現在の男性だけが舞台に上がるという歌舞伎のスタイルが出来上がっているのですが、地方に伝承された地歌舞伎の方が比較的自由度が高く、それによって根源的な要素が残されたという見方もできるのかもしれません。